剥離剤の基礎知識
トピックス
安全データシートはこちら
リンク
社団法人 全国産業廃棄物連合会
→お近くの産業廃棄物処理企業を検索できます。
 ご使用済みの弊社製品を廃棄する際にご活用ください。
国土交通省
新技術情報提供システム(NETIS)
→公共事業等で活用できる新技術を検索できます。
弊社の「ネオリバー泥パック工法」 (KK-070037-VR)も登録済です。
製品サポート関連リンク集
→その他のリンクのページ。

建築用剥離剤の比較試験

環境対応型ネオリバー と 従来型ネオリバー の違いについて

1. 概要

建築用ネオリバーも他用途と同じく、環境対応型従来型 を扱っております。
環境対応型と従来型では、製品特性が異なっており、使用環境や用途などユーザー様の条件に合わせてお選びいただく必要があります。

そこで、環境対応型と従来型の代表製品で同一塗装試験板を剥離し、剥離効果の違いについて比較しました。


使用剥離剤
環境対応型 ネオリバー泥パックB
従来型 ネオリバー#120
メリット
  • 蒸発が遅いため、ケレン可能時間が長い。
  • 厚塗りに最適。(〜2kg/m2)
    1回の塗付で剥離可能な場合も!(※)
  • ジクロロメタン(塩素系溶剤)を含まない。
  • 短時間(数十分)で剥離可能。
  • 水洗が不要 。(#120のみ)
デメリット
  • 従来型に比べ、剥離までに時間を要する。(16〜24時間)
  • 水洗が必要。
  • 蒸発が早いため、ケレン可能時間が短い。
  • 厚塗りに不適。(〜0.8kg/m2)
    剥離までに複数回塗付が必要な場合あり。
  • ジクロロメタン(塩素系溶剤)を含む。

※層間剥離する場合は、複数回の塗付が必要な場合があります。


お問い合わせフォームへ