剥離剤の基礎知識
剥離剤の活用事例
トピックス
安全データシートはこちら
リンク
社団法人 全国産業廃棄物連合会
→お近くの産業廃棄物処理企業を検索できます。
 ご使用済みの弊社製品を廃棄する際にご活用ください。
国土交通省
新技術情報提供システム(NETIS)
→公共事業等で活用できる新技術を検索できます。
弊社の「ネオリバー泥パック工法」 (KK-070037-VR)も登録済です。
製品サポート関連リンク集
→その他のリンクのページ。

剥離剤使用時のご注意


・ジクロロメタン系剥離剤は、換気の無い密閉場所での使用は避けてください。
 酸素欠乏や有機溶剤中毒を起こし、非常に危険です。
・必要以上に強力な剥離剤の使用は避けてください。
 臭気などの作業環境、接触した場合の薬傷、漏出時の被害が悪化するおそれがあります。


使用前の準備

1. 容器に記載されている注意事項、使用方法をお読みください。
2. 内容物が均一になるように、よく攪拌してください。
3. 小出しする容器は、鉄、ステンレス鋼、ポリエチレン製が適しています。
4. 被剥離物に、ゴム、プラスチック部分がある場合には、必ず保護養生するか、取り外してください。また、めっきや合金部分は変色することがありますので、あらかじめご確認のうえ、ご使用ください。


酸性剥離剤のご注意事項

1. 酸性剥離剤の場合、使用する器具は耐酸性のものを使用してください。刷毛は耐酸性刷毛を用い、容器類はステンレス鋼製やポリエチレン製を用いてください。
2. ナイロン製の刷毛は不適です。
3. 素地が鉄の場合は水洗後、比較的短時間で錆が発生しますので、素早く乾燥させ次の工程に移るようにするか、防錆剤による処理を行ってください。


水洗水について

1. 洗浄水は、水質汚濁防止法、下水道法などの法律を守って処理してください。
2. 次項の「環境対策上の注意事項」の項目に沿って処理を行ってください。


環境対策上のご注意事項

こちらのページをご確認ください。


安全衛生上のご注意事項

非ジクロロメタン系(環境対応型)剥離剤と、ジクロロメタン系(従来型)剥離剤で異なります。
以下のページをご確認ください。
→ 非ジクロロメタン系剥離剤
→ ジクロロメタン系剥離剤


保護具に関するご注意事項

1. 保護具はそのほとんどが剥離剤に直接触れると溶解、膨潤、腐食されるため、剥離剤が付着したまま放置されますと使用できなくなります。
2. 保護具に剥離剤が付着した場合、および作業終了後は、直ちにウェス等でふき取り、よく水洗した後、十分乾燥させ保管してください。