剥離剤の活用事例
トピックス
安全データシートはこちら
リンク
社団法人 全国産業廃棄物連合会
→お近くの産業廃棄物処理企業を検索できます。
 ご使用済みの弊社製品を廃棄する際にご活用ください。
国土交通省
新技術情報提供システム(NETIS)
→公共事業等で活用できる新技術を検索できます。
弊社の「ネオリバー泥パック工法」 (KK-070037-VR)も登録済です。
製品サポート関連リンク集
→その他のリンクのページ。

他工法との比較


他の剥離工法との比較表

化学剥離(剥離剤) 物理剥離
浸漬タイプ 刷毛塗りタイプ 工具による
剥離
ブラスト法 ウォーター
ジェット法
焼き剥き
特徴 剥離の対象物を剥離剤に浸して剥離する方法。
小物や複雑な形状の物に適しています。
剥離の対象物に剥離剤を刷毛等で塗付して剥離する方法。
大きな構造物や、剥離槽等の設備を設置できない場所での使用に適しています。
サンダー等の工具を用いて塗膜を削り取る方法。 鉱物、金属等の粒子を高速で塗膜に打ちつけて塗膜を削り取る方法。 超高圧水を吹き付けて塗膜を剥がす方法。 トーチランプ等の火炎で塗膜を燃焼させたり、急激な熱膨張による浮きを発生させてワイヤブラシ等で除去する方法。
作業環境 粉塵 × ×
臭気 × × ×
騒音 × ×
作業に必要なもの 剥離剤
剥離槽等の設備
(加温設備が必要な場合もあり)
剥離剤
刷毛、ローラー、スクレーパー等の工具
サンダーやサンドペーパー等の工具 ブラスト設備
研削剤
高圧水洗設備
トーチランプ、バーナー、ワイヤブラシ等の工具
作業性 薬剤が塗膜に浸透する時間が必要です。
作業者を増やしても浸透時間を短くすることはできませんが、浸透時間中は他の作業を行うことが可能です。
剥離作業中、作業者が工具や設備を操作する必要があります。
作業者が現場を離れることはできませんが、作業者と設備を増やすことで、剥離速度を上げることが可能です。
素地
(下地)
への
影響
○〜△ ×

  ○:少ない 〜 △:有り 〜 ×:多い/大きい