剥離剤の活用事例
トピックス
安全データシートはこちら
リンク
社団法人 全国産業廃棄物連合会
→お近くの産業廃棄物処理企業を検索できます。
 ご使用済みの弊社製品を廃棄する際にご活用ください。
国土交通省
新技術情報提供システム(NETIS)
→公共事業等で活用できる新技術を検索できます。
弊社の「ネオリバー泥パック工法」 (KK-070037-VR)も登録済です。
製品サポート関連リンク集
→その他のリンクのページ。

剥離剤の種類


剥離剤には様々な種類があり、それぞれ機能性が異なります。
素地、塗膜の種類、作業環境や設備の違い等によって使い分けます。

◆使い方による分類

刷毛塗りタイプ(粘性のある液状)…
刷毛を使用し、対象物に塗付するタイプ。

浸漬タイプ(液状)…
槽を設け、対象物を浸漬するタイプ。

スプレータイプ(霧状)…
対象物へ吹きつけるタイプ。


◆成分による分類

ジクロロメタン系(従来型)…
ジクロロメタンを主成分とした剥離剤です。

非ジクロロメタン系(環境対応型)…
環境に配慮した剥離剤です。
塗膜剥離剤は、従来ジクロロメタンを主成分とした製品が主流でしたが、地球環境保全、労働安全衛生の見地から世界的にその使用を抑制する方向にあります。

弊社でも地球環境にやさしい塗膜剥離剤の研究・開発を継続的に行っており、ジクロロメタンを含まない環境対応型製品を数多く取り揃えております。



詳しい情報を御覧になりたい方は選定表をご用意しておりますのでご確認ください。